放生会(大原神社仲秋祭)

HOME祭り・イベント>放生会(大原神社仲秋祭)

放生会(大原神社仲秋祭)
場所:大原八幡社、時期:9月


大原八幡社で行われる放生会(ほうじょうえ)。
五穀豊穣を祈念すると共に、生き物へ感謝の念を込め、殺生の戒めとして魚や鳥を野や川に放つ儀式です。
明治維新後は仲秋祭(ちゅうしゅうさい)と改称されましていますが、地元では今でも「放生会」と呼ばれています。
大原八幡宮の参道は歩行者天国になり、露店が並び、賑やかな時間を過ごすことができます。
古き良き日本の「祭」を感じさせる雰囲気があります(^^)
初日に「お下り」としての稚児行列、最終日には神輿の「お上り」行事があります。

初日は「お下り」という神輿と稚児が下宮まで歩く行事が行われます。
15:30からお宮で神輿を出し、16時に神社を出発し参道を下り柳原食堂左折した「若八幡」まで約一時間かけて練り歩きます。
最終日に逆方向へ上る「お上り」も同時刻開催予定です

初日以外は本殿横の神楽や広場にて催しも行われます。

宇佐八幡社に始まる放生会は、八幡大神が朝廷の命に従わない隼人を討伐したため、後にその冥福を祈るため生類を放したものといわれています。

大原八幡宮(大原神社)
行事カレンダー
大原八幡宮、紅葉
大原八幡宮(大原神社)、冬

大原八幡社-アクセスマップ