千年あかり・日田天領まつり

HOME祭り・イベント>千年あかり・日田天領まつり

千年あかり

千年あかり

千年あかりは、主に「豆田」地区で行われます。
日田の中でも、最も美しく幻想的で優雅な、大人気イベント。

平成16年に、豆田町が「重要伝統的建造物群保存地区」に指定され、「花月川」もそれに伴い、自然を残した綺麗な川へと改修されました。
川の完成記念イベントの際、周囲の里山の保全も兼ね、「岳林寺境内」の竹を切り、竹灯篭として活用し、大きな評判になりました。
「天領まつり」の夜に、その竹灯篭に「あかり」を灯すことで、一つのイベントとして完成。
平成17年の天領まつりで、竹灯篭2万本(!)を川の周囲に設置し、「千年あかり」と名付けられました。

「過去千年・未来千年」
過去の歴史を紐解き、今ここで「あかり」を灯して立ち止まる。
それを未来へと繋げることで、「この町と歴史」にも光が降り注ぎますように。
そんな願いこそが、「千年あかり」です。
昼間から「天領祭り」で賑わう豆田の町。

夕方5時から、膨大な数の竹灯篭に火が灯されていきます。
商店街の方々や、ボランティアの人、お客さんまで、声を掛け合い、楽しみながらの点灯。
じょじょに暗くなっていく空と、じょじょに際立ち始める「灯り」が、雰囲気を作り出していきます。

竹灯篭は、町並みの至る所に存在し、時にアート的な表現をみせてくれたりします。
趣向を凝らした配置や、和紙を利用した手法などなど。
随所に「こだわり」が感じられます。

そしてメインは花月川。
多くの人達が、その光景に見惚れるでしょう。
至る所から「綺麗~」という声が聞こえてきます。
数多くの竹灯篭の美しさは、例えようが無いほど。
音楽も上手に使い、ロマンティックな夜を演出しています。
行事カレンダー
千年あかり

日田天領まつり

日田天領まつり

日田天領まつりも、主に「豆田」地区で行われます。
「千年あかり」と共に行われる、日田市の大きな祭り。
天領日田の栄華を再現する祭りとして、全国的に有名です。

見所が多い日田天領まつりは、たくさんの催し物が行われて、町全体がお祭り気分となります。

一番のおススメは…、勿論…。
江戸時代にタイムスリップする「西国筋郡代着任行列」。
はっきり言って、豪華ですよ~。
総勢200名を超える行列が、当時の装束で市内を練り歩きます(^^)

「月隈公園」→「上町通り」→「パトリア」→「御幸通り」→「月隈公園」という流れ。
ずっと付いて行くのも良し、屋台を楽しみながら、行列が来るのを待つのも良し。

豆田のお店は通常より遅くまで営業されて、一緒に楽しんでくださいます(夜は千年あかりがあります!)。
祭りのことを色々聞くと、丁寧に教えて下さいます♪
「どこで何時くらいに行列が通る」などの案内紙を貰ったりできます。

その他、屋台の数々も賑わいがあって良いです。
日田やきそばのお店が集まるスポットは大人気で、お客さんの行列が出来るお店もあります。

国重要文化財に内定している商家跡「草野本家」がある御幸通り。
1000円で1100円分の買い物ができるというお得で粋な「天領小判」の両替商も大人気。

一時期やや低迷していたと言われる「日田天領まつり」ですが、今はまた盛り上がってます!
様々な趣向を凝らし、千年あかりと共に、更なる発展が期待できる祭りでしょう。
日田市民と日田市外の人達が、一緒になって楽しめる祭り。
大切にしたい、伝統的な祭りです。
行事カレンダー