日田の観光案内

HOME>観光案内

地区別の観光スポットです。


日田・天瀬・大山・津江に大きく分類しています。
画像をクリックで、それぞれの観光スポットを見ることが出来ます。

有名・無名に関わらず、様々な見どころを集めました。
皆様の好みの場所が見つかり、日田の観光をより一層楽しんで頂ければ、嬉しい限りです(^^)

日田
日田
天領として栄えた江戸の面影と、水郷ならではの美しい川が、観光のまちとしての地位を確立させています。
4つの大きな祭りを始め、多くのイベントが催されます。
咸宜園や豆田町、日田旅館街などなど、行く価値のあるスポットが皆さんをお待ちしています。
日田の詳細を見る>>


天瀬
天瀬
天瀬はもともと行政地域として大分県西部の日田郡北東部にあった町です。
2005年3月22日に大山や津江と共に日田市へ編入合併。
「花と温泉と祈りの町」と呼ばれています。
豊後三大温泉と呼ばれる天ヶ瀬温泉、一度は体験したい魅力の湯です。
天瀬の詳細を見る>>

大山
大山
大山はもともと行政地域として大分県西部にあった町です。
2005年3月22日に天瀬や津江と共に日田市へ編入合併。
「梅栗植えてハワイへ!」で全国へ名前を轟かせました。
梅は勿論、ひびきの郷や木の花ガルテンなども高い人気を誇っています。
大山の詳細を見る>>

津江
前津江・中津江・上津江
津江はもともと行政地域として大分県西部の日田郡南部にあった村です。
2005年3月22日に天瀬や大山と共に日田市へ編入合併。
大自然に囲まれ、行くたびに新しい発見が!!
椿ヶ鼻ハイランドパーク・オートポリス・鯛生金山など、規模が大きな有名スポットがあります。
津江の詳細を見る>>